地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

◆ 基礎理論(抜粋)

 

1)「痛み」とは?
   

 
組織が損傷する経過と結果においてさまざまな自覚的または他覚的な症状があらわれます。
 
感覚には」「」「などがありますが、障害となる「痛み」とは何でしょうか?
 

「痛覚」で感じる「痛み」はすべてが「侵害刺激」?

「良い痛み」と「悪い痛み」の生理学的な違いは?
  
「鈍い痛み」と「鋭い痛み」の臨床学的な違いは?


「場所が特定できない痛み」から読み取れることは?

「痛みの種類」で何が分かる?

「痛み」をコントロールする理由は? もっとも自然で効果的な方法は?

「急性痛」と「慢性痛」、「自発痛」と「誘発痛」に対する処置の違いは?


 
痛み克服 するには「痛み」を知ることから始まります。

 

 

2)「症状」とは?  「治癒」とは?
  

 
「痛み」の他にも「だるさ」「シビレ」「不快感」など、多種多様の症状があります。

症状が消えた! 治ったんだ! でも、すぐに症状がぶり返してきた。 
 
 「なぜなんだろう?」 と感じたことはありませんか?
  
 
「症状」から何がわかる?
 
「症状」はどうやって治まって行く? 
  
「症状」はどういうふうに評価したらいい?
 
「症状」が変化するのはナゼ?
 
「症状」が消えたと感じたら治った?
 
 
  症状認識早期回復への近道です。

 



 

3)「手当て」とは?
  

 
太古の昔からヒトはどこか具合が悪くなるとそこに最も近い場所に手を当てます。

これが 「手当て」 の由来ですが、では手を当てることに何の 意味 があるのでしょうか?
 
 

「手」を当てるとどんな効果がある?

「手」の当て方とその違いは?

「手」を当てる以上に効果のある方法は?

 
 

 

4)「筋」とは? 「筋膜」とは?
  

 
体を各ユニットに分けて考えた場合、運動機能的に重要なものとして骨格筋が上げられます。

我々はその骨格筋を今までになかった視点から考え直し、筋骨格系の治療だけでなく、その他の分野の治療を考えた場合にもこのテーマは避けて通れないものではないかと考えています。

また筋膜にも着目し、ただ単に筋または筋群をワンパックにまとめるだけではないとの確信のもと、深いレベルでの治療に応用出来ないかと試みています。

最近では治療における骨格筋の重要性がよく叫ばれるようになりましたがこれも至極当然のことだと考えています。

 
 
「筋の収縮と短縮」・「筋の弛緩と伸張」・「筋の静止長となる肢位」とは?

「共同筋」・「拮抗筋」のそれぞれの役割と治療での応用は?

「多頭筋」や「多腹筋」の存在意義は?


「浅層筋」と「深層筋」の機能的な違いは?

「筋膜」の種類と特性、損傷時の鑑別法、治療法は?
 
 



 

 

5)「外力」とは?
  

 
 
では、体に作用する傷害因子とは一体何でしょうか?

その因子の一つを考える際に我々は「外力」というものを定義しています。




雨が降る前に関節痛や傷痕痛が起こるのはナゼ?

一つ一つの運動では痛まないのに連動時に痛むのはナゼ?
 
損傷部位を固定するだけでは完全なリスクヘッジにならないのはナゼ?

じっとしていればそうでもないのに体を動かすと痛むのはナゼ?

同じ動作でも痛む時とそうでない時があるのはナゼ?


 


 




 

 

6)「外力の除去」とは?
  

 
「外力」症状悪化もしくは誘発している場合 ・・・・・・・・・
「外力」
症状回復のための自然治癒力阻害している場合 ・・・・・・・・・
想像してみてください。
 


「外力」侵入抑制または阻止出来たとしたらどうなるでしょうか。
 

 
このテーマは非常に重要であり、新しい治療法のキーワードです。
 
 




 


     
 
 


 
QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数