地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

ホテル跡

                    〜ホテル跡〜              


              二部作のもうひとつの作品です。

              
         近所で博物館(郷土資料館)をしている館長さん
        が物珍しさで70年代に栄えた街のビジネスホテルを
     買い、自宅として使っています。(自宅って感じでもないですが)

          
            すべての階を取り外すことができます。 
            色味がバラバラですね。Σ_(^-^;)ビシッ

          
        玄関です。昼間(という体)なのに街灯がついています。

          
          一階部分です。入ってすぐの螺旋階段で2階
          に行くことができます。勝手口もあったりします。
     庭作業をする場合は、揃えて脱いでいるスリッパで庭に行きます。
          
          わかりにくいですが、左に時計が付いています。
         一階にしかないので、時を忘れ生活ができます。
         (聞こえは良いですが、めんどくさかったのです。)

          
           二階にはベランダがあります。館長さん〜
         二階は館長さんがゲストルームと決めています。
          
         この螺旋階段で、上に行きます。(すごい奇抜!)

          
                     3階です。
          茶色のカーテンでこの窓をすべて隠せます。
             ここは館長さんの寝室になります。
          「LIONS・HOTEL」と書かれていた看板は、
        塗装が完全にはげてしまい、傾いてしまっています。

             
         ベッドがあります。館長自慢の間接照明があります。
            左にはなぞの絵画が飾ってありますが、
           秘密の絵なので見せることはできないのです。
                 
              3階の天井にははしごがあります。 
                  これをのぼると・・・↓
           
                屋上に出ることができます。
           
           館長:「どうでしたか?私のお家は〜
               この街はいい街ですので、
               一度来てみてくださいね〜」
                        ・
                        ・
                        ・
                        ・
                        ・
           
           館長:「グーグー、一度は来てね☆グーグー」

        


        次はアパートみたいに、平坦にならないでがんばろう!
      と思ったのですが、なんか変なデザインになっちゃいましたね。

      〜アメリカン・ストリートの皆さんのプロフィールはこちら↓〜
         
                ☆皆さんのプロフィール☆



            二つの建物が並んだ写真を見るなら!↓


                ☆写真1    ☆写真2

                            
          

          
          
アクセス数
ページビュー数