地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

「メタル英語」のきっかけにもなった月1コラム

2011年2月27日 11時06分41秒 (Sun)

10月号

2002年1年に渡って、以前教えていた英会話学校の生徒さんに向けて書いた月1コラムです。ほぼ編集せずにそのまま載せてみます。 皆に何かヒントになるものがあるといいな。それではどうぞ!テーマは「リーディング」、10月号。

How do we learn to read?

To start with, I’d like to make one thing perfectly clear. That is, I’d never been an avid reader until recently. As a matter of fact, being a super hyperactive kid like myself, whose life revolved around revolving physically around books, just the thought of having to stay put and read something used to make my skin itch. That’s right. Reading simply meant torment!

I meant what I said about my feeling towards reading. The only exception was this Japanese heavy metal magazine entitled “BURRN” I not only enjoyed, but relished. What was it about this magazine, you ask?

For one, my love and respect for musicians and their music made reading much more of a joy than the pain I normally associated with it. I remember being so curious about every aspect of the lives of these role models, I couldn’t possibly get enough of it! What gave birth to their unwavering commitment to excellence? What propelled them to write my favorite song? What were they like when they were my age? Without a doubt, the craving for the answers to countless questions like these not only facilitated the activity of reading but also fostered it.

Secondly, the reason “BURRN” was so easy to read was because it wasn’t imposed on me. So, I had the luxury of being able to slack off in any way I wanted without feeling guilty. In short, I fast-forwarded or even skipped interviews and articles on bands that I wasn’t into while eagerly absorbing the information on bands I put on a pedestal. The fact that I could get away with avoiding looking up difficult words in a dictionary also kept me going. Having said that, I have to add that the desire to figure out more about those bands drove me to pick up a dictionary more often than I’d set out to.

Lastly, the feeling of excitement followed by sharing with friends the information accelerated the speed and amount of reading. I was just absolutely thrilled to be able to gossip about the bands and get into a discussion. And I loved being the guy people turned to about music! How much did I learn about music back then? Let me just say that if totaled all the information I was taught in school, it wouldn’t even come close to it. Though, this may also show how much I neglected to study in school.

Needless to say, I took the same approach to reading in English. At first, it took some getting used to, but now I’m hooked! Do you wish you could read in English? Rest assured. YOU CAN DO IT! Just follow these guidelines like I did. It may do the trick!

1. Find something you’d go absolutely nuts about if you were prohibited from reading it. (In other words, find something you are seriously interested in, ignoring all the parts that don’t interest you.)
2. Don’t bother to look up every unfamiliar word in a dictionary. Only look up words that keep reappearing.
3. Summarize what you read in your own words and share it with others.
4. Don’t try to have fun. If you are not having fun, you are not reading what’s appropriate for you. Go find something that’s stimulating!


どうすれば読めるようになるの?

ハッキリ言っちゃうね。オレはつい最近まで本を「好きで読む」ってことはなかったんだ。それどころか、「じっと座って読む」ってことを考えただけで、体中がかゆくなるぐらい実は読むのがダメで。。。本の周りを飛び回って遊んでるような少年だったからね。まっ、とにかく本を読むことイコール苦痛だったてわけ。

本を読むことが嫌いだったのは本当のこと。ただ、ひとつの雑誌を除いて。そう。「BURRN」っていうヘヴィーメタル雑誌は、なんかはりきって読めちゃった。不思議だよね。

読むのを楽しめた理由の一つは、大好きな音楽と、その音楽をやってるミュージシャンに対する尊敬があったからだと思う。音楽と憧れのミュージシャンについて、知りたくて知りたくて、それはもう大変だったから。「妥協を一切せずに、最高の作品を作り続けられるのはなぜ?」「オレの一番好きな曲はどうやって生まれたの?」「彼らがオレと同じ年の頃は、どんなだった?」こんな限りない質問の答えを、雑誌の中から夢中になって探すうちに、読むことが楽になって、自然と習慣になっていったんだ。

楽しんでこの雑誌を読めたもう一つの理由は、これが「読まなくちゃいけない宿題」とかじゃなかったから。だから自分の読みたいように読んだ。大好きなバンドの情報はあさるように読んで、あんまり興味のないバンドの記事とかインタビューは、ざっと読んだり、飛ばしてみたり。難しい単語を一つ一ついちいち調べなくても、誰からも何も言われなかったから止まらずにどんどん読めちゃったし。そうは言っても、やっぱり大好きなバンドのこと。もっと知りたいと思うのは当然で、気がつくと辞書を開いてることもよくあった。

最後に、何と言っても、読んだことを友達と後で話せることが楽しみで、ひたすら読んだね。バンドのうわさ話したり、「あ〜だこ〜だ」言い合ったりするのが本当に刺激的だったし。それと、音楽のことを良く知ってると思われることも快感だった。どのぐらい知ってたかって? そうだな〜、学校で教わったことを全部足しても足りないぐらい。まっ、授業聞いてなかったってこともあるけど!

「英語」で読めるようになったのも、これと同じアプローチをとったから。確かに最初時間はかかったけど、今は読むことにどっぷりハマってる。みんなも英語で読めるようになりたい? 余裕です(強気で)! 下に書かれたガイドラインに従ってみて! 

1. 「読んじゃダメ!」と禁止されたら暴れちゃうほど好きなトピックを選ぼう。(「興味のない話題は避けて、心底面白いと思えるものを読もう」ってこと)
2. 知らない単語を全部調べる必要なし。何度も目にする単語のみチェック。
3. 読んだことをまとめて、友達に伝える。(英語でね)
4. 楽しもうと努力しない。努力しているってことは、「自分に合ったもの」を読んでない証拠かも。もっと刺激的なものを探してみて! 

この記事にコメントを書く










表示されている文字を入力してください
認証コード

ニックネーム 
十 Tetsu (ジュウ テツ)
燃えちゃう音楽
メタルとハードロック。ラウドで激しいロック好き。

幅広く聴くけど、やっぱ落ち着くのはヘビーな音楽。
職業
英会話の講師。歴11年。
メタルで英語にハマった勢いで英検1級獲得(^^)

又、INDY(インディー)っていうステージネームでパフォーマーもやっています。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

●球舞-CUBE-
トリッキーなリフティングパフォーマンス集団、「フリースタイルフットボールチーム球舞-CUBE-」
リンクに載せてあります。
趣味
海外のメタル雑誌やラジオでミュージシャンのインタビューをチェックすること。

彼らが話す生の英文や声はかなり熱くそして刺激的。
海外歴
学生の時に4年間アメリカのSan Diegoで生活。そこで初めて行ったコンサートは。。。。。。
パンテラ。コワ。
夢 1
自分が10代の時に一番欲しかった、メタル英語本を完成させること。


もう既に世界進出を果たしているバンド、又はこれから海外に挑戦してみたいミュージシャン、音楽好きに届けたい!お役に立てると確信してます。
夢 2
将来、メタル英語本で勉強したバンドが世界で活躍し、英語でインタビューの受け答えしている姿を見ること。鳥肌レベル。

Let us make it happen!!
夢 3
世界に挑戦している日本のバンドに憧れて育ち、いつしか自分の人生のテーマが世界進出に。

バンドではないですが現在球舞で世界進出中!

これからも世界のどこにいようと、大好きな音楽、サッカー、英語を通して人々と交流していたい。

最近の記事一覧

QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数