地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

メタル英語本とは?   (はじめに)


現在私は日本初となるメタル英語本を作成しています。(2010年5月発売)
(メールマガジンでその一部を配信中)


いつか完成させて、皆様のお手元にお届けしたい理由、お勧めする理由は大きく分けて3つあります。


1.好きな音楽を通して英語を学ぶと刺激的で、楽しんで上達できる

学ぶことが刺激的になることで、私たちはより集中し、より多くを学ぶと考えます。どうせ英語を学ぶなら好きな音楽で!と呼びかけたい。

(極端な例だと承知はしていますが、私はこのやり方で英検1級を取得しました)


2. 海外に発信、世界進出する日本のバンドを応援したい

私自身、世界に進出するバンドに憧れて育ちました。この本を利用して世界と渡り合い、世界と交流するバンドが増えていったら世の中はもっと面白くなる。そんな想い、願いを込めて作成しています。



3. 英語で世界と交流したい方にお役に立てるという確信

バンドとしての世界進出だけでなく、個人的に世界に同じ音楽が好きな友達が出来たらいい、そんな交流をしてみたいと感じる方、既に交流している方にも役に立つと思える英語表現を選び集めて紹介しています。

(海外のメタル、音楽雑誌読書歴15年、今でもメタルラジオで英語を聴き、
海外の友達と英語で音楽について話すことを習慣としています)

以上です。お役に立てることを信じて完成させます。
 

 






みなさん、お待たせしております。

メタル英語、もう少しで完成します! 

こちらには、本に収録される「はじめに」を編集し、短くしたヴァージョンを紹介させて頂きます。興味のある方は是非。




はじめに

「こいつがオレを世界に連れてってくれる!!」

14才の頃、初めてギターを手にしたオレは自分にこう言ったんだ。冗談じゃなく本気でね。だって何しろ、当時のオレの夢は、世界の舞台で大活躍するロックスター! 世界で社会現象を引き起こすレベルのアーティスト、なんてね。(これ、でっかいこと言って、後で取り消すオレのパターン)
だから極端だけど、ギターのチューニングを覚える前から英語の勉強は既に真剣に始めてたんだ。まっ、「単純なメタルの会話ができるように」ってのと、未来の世界ツアーとインタビューに備えて勉強やってたってわけ。

アホでしょ〜?! でもこれまたオレ本気だったんだから。

一つ困ったのはね、好きなメタルの曲とかバンドについて話すのに必要な英語のフレーズを、まとめて教えてくれるような本がなかったこと。ガッカリだったし、そんな本が欲しくてたまらなかった!

20才でアメリカの短大に行くことに決意。この頃には、ロックスターになる夢から他の夢に既に変わってたけど(ね、言ったでしょ〜)、「メタル大好き!」って気持ちや、「メタル話に必要な英語表現知りたい!」っていう強い想いは全く変わらなかった。
だから、アメリカにいた4年間はずっと「メタル読んで、聴いて、話してました!」って感じ。学生の鏡でしょ!(笑) で、それから更に10年の学びを経て、やっとここに、初めての宿題が完成したわけです!

お待たせ〜!この本には、メタルにハマってから、自分のバンドの活動に真剣になるまでのフレーズを集めて収録しました。楽しみながら学んで、上達もしたいなら、大好きな音楽を通して言葉を学んだらいいと思う。絶対オススメ!楽しさと上達はオレが保障するよ。だって、実際それはオレが経験したことだからさ。間違いない。

最後に一つ。「人とつながりたい!」「友達を作りたい!」と思うみんなに、そして「世界にこれから出て行くぞ」っていう夢を持った、あの頃のオレのようなあなたに、この本を余すことなく活用してもらったらオレは幸せです!

I dedicate this book to the kid inside of you!

やってやろうぜ!!



Introduction

“This will take me around the world!”

This is what I said to myself when I first picked up my guitar in my early teens. And I wasn't fooling around because back then, my dream was to, get this, be a big-time international rock star! or a worldwide phenomenon if you will. (I do sometimes talk big and have to take it back later.) So, even before I learned to tune my guitar, I’d already begun to study English seriously, preparing for a world tour, interviews, or just a simple conversation about metal in general.

Call me crazy, but I was dead serious.

But the problem was, there was no book available that could equip me with those specific expressions necessary to talk about my favorite metal songs, bands, and more. I remember feeling disappointed, and strongly wishing for that kind of resource.

At 20, I decide to go to college in America. Though my dream of becoming a rock star had already significantly changed by that time (See? I told you!), my love for the music, and the thirst for those phrases, stayed the same. Driven by the need, I'd read, listen, talk metal all through the 4-year stay in America. Talk about being educated! And after another 10 years of the education, I've finally done my first homework!

There you go, my friend! Here are the phrases covering from how you get into metal to playing music seriously in your band. If you want to have fun learning, and produce results, learn a language through the music you love! Why not? Fun and results guaranteed! I'm the living proof!

And, lastly, I hope that this book is fully used by those who want to connect and make friends, and who are dreaming about going global, just like the kid I was.

I dedicate this book to the kid inside of you.

Let's rock the world!
 


ニックネーム 
十 Tetsu (ジュウ テツ)
燃えちゃう音楽
メタルとハードロック。ラウドで激しいロック好き。

幅広く聴くけど、やっぱ落ち着くのはヘビーな音楽。
職業
英会話の講師。歴11年。
メタルで英語にハマった勢いで英検1級獲得(^^)

又、INDY(インディー)っていうステージネームでパフォーマーもやっています。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

●球舞-CUBE-
トリッキーなリフティングパフォーマンス集団、「フリースタイルフットボールチーム球舞-CUBE-」
リンクに載せてあります。
趣味
海外のメタル雑誌やラジオでミュージシャンのインタビューをチェックすること。

彼らが話す生の英文や声はかなり熱くそして刺激的。
海外歴
学生の時に4年間アメリカのSan Diegoで生活。そこで初めて行ったコンサートは。。。。。。
パンテラ。コワ。
夢 1
自分が10代の時に一番欲しかった、メタル英語本を完成させること。


もう既に世界進出を果たしているバンド、又はこれから海外に挑戦してみたいミュージシャン、音楽好きに届けたい!お役に立てると確信してます。
夢 2
将来、メタル英語本で勉強したバンドが世界で活躍し、英語でインタビューの受け答えしている姿を見ること。鳥肌レベル。

Let us make it happen!!
夢 3
世界に挑戦している日本のバンドに憧れて育ち、いつしか自分の人生のテーマが世界進出に。

バンドではないですが現在球舞で世界進出中!

これからも世界のどこにいようと、大好きな音楽、サッカー、英語を通して人々と交流していたい。

最近の記事一覧

アクセス数
ページビュー数