地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

■ 腰 〜 お尻 〜 太もも 〜 ふくらはぎ までの痛み



患 者 : 58歳   女性   主婦(自営業の事務手伝い)

主 訴 : 数年前より続いている左腰部痛 〜 臀部痛、左下肢への放散痛とシビレ。
初診時には動くこともつらく、家ではほとんど横になって寝ている状態だと言う。
立位、座位ともにつらく、家事も出来ない状態で一日中横になっている。
坐薬もほとんど効果が見られない。
夜間痛は日中と同じくらい。睡眠はとぎれとぎれで浅くしか取れていない。

 


経 緯 : 同様の症状にて来院歴有り。
当時は整形にて軽いヘルニアによる坐骨神経痛と診断され、ブロック、坐薬などの処置を受けたが改善されず当院を受診。
鍼治療と坐骨神経テーピングにてほぼ日常動作可能となるも、遠方のため治療が継続できずに完全回復を見ないまま中止する。
今回は総合病院にてX線検査およびMRI検査によりL4/5のヘルニアによる坐骨神経痛との診断を受ける。
手術を勧められるが完治の保証を受けられないために断った。
数年前と同様の処置を受けるも改善せず、本人によれば以前よりも症状はつらいと訴える。       

検 査 : 左腰痛三角圧迫テスト(+)、左梨状筋圧迫テスト(+)、ゲンスレンテスト(−)、 L4/5ストレステスト(−)、ラセーグテスト(−)、尻上げテスト(+)
梨状筋症候群による下肢への放散痛とともに、左腰痛三角部の深層筋もしくは腸腰靭帯の非炎症性機能低下を考える。

治 療 : AI−2処置 、ヒーリングテープ処置

経 過 : 初診時は自動車の後部座席に寝たままの状態であったが、3回目からは一人で運転しての通院が可能となる。
2週後より家事および事務仕事も可能となる。
4週後にはほとんどの主訴は消失。長時間の座位で腰下部の重だるさのみ訴える。









        





QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数