地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

■ RSD(CRPS typeT) / 親指の痛み 



患 者 : 32歳   男性   会社員  

主 訴 : 左親指の疼きと機能障害が有り、夜も眠れないほどである。
上肢全体が重く、痛く、抜けそうにダルく、全く動かせない。
両肩から首にかけてのコリがひどいことはわかっているが上肢がつらいため気にならない。


 


 経 緯 : 2か月ほど前、作業中にハンドルレバーを押し出しそこねて第1指を負傷する。
始めの病院では骨に異常が無いと言われたが腫脹、疼痛とも甚だしく、別の病院に転医したところ、亜脱臼をしていると言われ手術を受ける。その後、上肢全体が痛く、重く、異常な発汗(左上肢のみ)が発生し、RSD/CRPS typeTとの診断を受ける。
手術を受けた第1指の症状も全く改善せず、どうしようもない状態なので更に別の病院に転医するが、手の施しようがないと言われる。
 


検 査 : 第1手根中手関節の圧迫痛・運動痛は激しく、腫脹・熱感も見られる。
左上肢は体幹から離すことができず、上腕・前腕とも筋緊張は最大値に達している状態。
自重で自発痛を感じるほどであり、常に右手で支えている。
疼痛の状態が強い時には手の平をはじめとして左上肢全体に発汗が起こる。
痛みの先鋭順位は指の方が上肢全体よりも強くて苦痛である。

治 療 :  ヒーリングテープ処置、AI−2処置
経 過 : 1週後、第1指の疼きは軽減する。
3週後、同部位の運動制限が少しずつ広がり、最大域まで行った時の疼痛も軽減してきた。
上肢は三角巾で保護し、荷重をかけないように指導する。
体幹から離すのは未だ改善しないが、上肢全体の筋緊張感は次第になくなって来ている。






 


QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数