地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

2011年07月 のアーカイブ

2011年7月30日 14時28分36秒 (Sat)

貸切のお知らせ

急遽、本日の午後5時から貸切となります。
よろしくお願いします。

来店を予定していた方がいましたら、申し訳ありません。

2011年7月21日 14時43分09秒 (Thu)

蜩鳴くライブ

大型台風が去りました。
関東はたいしたことなかったようですが、九州、関西、四国の方は大丈夫だったのでしょうか?
自然にはかなわないということを、今回も教わったような気がします。
地球が怒っているようにも感じますね。

さて、今週の土曜日に虫の音で素敵なライブがありますよ!


     7月23日(土)
     「やなぎ(岩手)、八束徹(東京) ライブ」
       Pm7:00開場 Pm7:30 開演 
       ¥1000+オーダー

虫の音付近では、夕方になるとヒグラシが「カナカナ」ともう鳴いています。
なんだか懐かしいような、寂しいような気持ちになります。そんなヒグラシの声とぴったりなお二人です!!
きっと良いライブになると思います。お時間のある方は是非!


やなぎ

1961年6月15日生
幼少期を横浜で過ごす
12才 ギターを弾き始める
15才 3人組のフォークグループでライブハウスに出演
この頃からボブ・ディランやザ・バンドをきっかけに古いカントリーブルーズなどを聞き始めまわりから完全に浮くようになる
17才 家を出て一人暮らしを始める 友人の家を訪ね歩き、飯を食わせてもらう日々
働かなくても生活できる事を知り、なまけぐせがつく
OVER20〜
本格的に音楽活動を始め、2人組で全国をまわるようになる
東京で行われたフォーク・イベント「武蔵野フォークジャンボリー」がオムニバス盤のレコードになって1曲だけ入り
初めて印税というものをもらうが、飲んだらあっという間になくなった
なんとか食えていたので安心していたら、ある日相棒が結婚のため音楽をやめると言い出しいきなり路頭に迷う
以後、細々とバンド活動を続ける
OVER30〜
いよいよ食えなくなる
ある日突然、岩手に移住を決意 家族の反対をよそにさっさと引越しを決める
落ち着いてきたのでバンド活動を再開しようとしたがメンバーが見つからず断念
OVER40〜
弾き語りを始める 
東北を中心にライブハウスなどで活動
2003年10月 CD「おいらとギターが歌うとき」発表(販売終了) 活動場所を全国に広げる
2004年10月 CD「ON THE ROAD AGAIN」発表(販売終了)
2006年10月 CD「旅という生活 生活という旅」発表
2008年8月 CD「青い空からBLUESが降ってくる」発表
2009年3月より、ソロと平行して「やぎたこ」というアメリカンフォークのカバーユニットを始める
2010年10月 やぎたこCD「YOU HEAR THE STEEL RAILS HUMMIN」発表
2011年4月 CD「また歩き出そうとしている」発表
全国を回り、年間150本以上のライブを続けている


八束徹

やつか とおる
1月11日、福島県喜多方市生。
男。
gibson J-45。
雪国育ち。
北風。
ハーモニカ。
煙草。
郷愁。
夢。
孤独。
酔っ払い。
雨。
怠惰。
憂鬱。
夕暮れ。
明日。


2011年7月13日 16時05分50秒 (Wed)

詩人の遠足

詩人の遠足画像 暑いですね!猛暑ですね!みなさんバテていませんか〜?

今年は去年程、暑くはならないって言っていたのに!
怒りを誰にもぶつけられませんが、とにかく本当に暑さでまいってしまいそうです。

こんな時こそ心にスタミナ!栄養補給です!!

16日土曜日にとても面白いライブがあります!!
元気になりますよ〜!!

7月16日(土)
「詩人の遠足」 
開場 P.M 6:30  開演P.M 7:00  
¥1500+オーダー

(出演) 大谷氏with とっちゃん(ピアニカ)
    三角みづ紀with 井谷享志(打楽器) 
     
    オープニングアクト てあしくちびる



大谷氏
profile:知る人ぞ知る富山の怪物シンガー。ある時は、ほのぼのとしみじみと類いまれなる表現力で弾き語り、ある時は過激にアバンギャルドに独特の歌世界を描く鬼才アーチスト。富山と東京を中心に各地でライブ活動を25年以上コンスタントに続けている。ジャンル問わずプロアマ問わず共演多数。ソロやバンドでカラーが違うので、いくつかの名前を一応使いわけている。「大谷氏」アコースティック、又はエレクトリック弾き語り中心。「ザ・大谷楽団」ロック全般。「大谷コンクリート」過激路線。アヴャンギャルド色強し。「ホルモン鉄道」元たまの石川浩司とのトンデもないユニット。1995年、自主レーベル「荒野レコード」を設立し、9枚のアルバムと1枚のシングルCDをリリース。 また、妻でもある「とっちゃん」のアルバムも3枚プロデュース。いくつかのミニコミで、マンガ・エッセイ等も執筆中。時々、パンツ一丁で笛を吹く。
P.S・・温泉マニアで北信越を中心に300以上の温泉に入湯している。


三角みづ紀

1981年4月18日生まれ。
鹿児島出身。
12歳より詩作をはじめる。
18歳で上京、東京造形大学造形学部視覚伝達学科卒業。

20歳の冬より1年半あまりの奄美大島での病気療養中に、
現代詩手帖に投稿をはじめ、22歳で第42回現代詩手帖賞を受賞

処女詩集「オウバアキル」で第10回中原中也賞、
第2詩集「カナシヤル」で第18回歴程新鋭賞、
2006年度南日本文学賞を受賞。

2008年5月に第三詩集「錯覚しなければ」を刊行。
秋より音楽などのステージ活動をはじめる。
2009年6月に講談社より処女小説「骨、家へかえる」を刊行。
2010年9月に三角みづ紀ユニットの初アルバム、
「悪いことしたでしょうか」をペルメージレコードより発表。
12月には遠藤ミチロウ還暦記念トリビュートアルバム、
「青鬼赤鬼」(北極バクテリア)に「早すぎた父親」で参加。
第四詩集「はこいり」を思潮社より刊行。


2011年7月1日 16時44分52秒 (Fri)

7月ですね!ライブですよ!

7月ですね!ライブですよ!画像 今日から7月、今年が半分終わってしまいました。
今年は色々ありすぎて、早いのか遅いのかわかりませんが、皆さまお元気でしょうか?

梅雨なのに、猛暑の日があったりと気候の変動が激しすぎて、体調が優れない方も多いと思います。そんな気分が晴れない方に朗報です!!

7月3日(日)に虫の音でとても気持ちの良いライブがあります!

    「航 ライブ」
    オープニングアクト 峰岸千絵
    Pm6:00開場 Pm6:30開演
    ¥2000+オーダー

航さんはピアノの弾き語り(?)、そのピアノと歌声は前衛的でもあり、懐かしくもあり、清流に打たれているような感覚になります。本当に素敵です!!

O.A.の峰岸千絵ちゃんは地元群馬や東京でも頑張っているピアノのシンガーソングライターです。毎回少しずつ変化していて、いつも楽しみなミュージシャンです!

虫の音に女性2人の爽やかな風が吹きます。
是非、皆さまのお越しをお待ちしています!

航さんHP
http://koh.main.jp/

峰岸千絵ちゃんHP
http://www.ac.auone-net.jp/~chie0510/feng_an_qian_huinoSONG_FOR_YOU/HOME.html


プロフィール

喫茶 虫の音
喫茶 軽食 ライブ ギャラリー 
所在地
〒371-0101
群馬県前橋市富士見町赤城山1140-37
電話
027(288)6934
営業時間
11:00〜日没まで
(夜も予約があれば営業します)


不定休
HPの予定をご覧ください。
QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数