地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

トランスパーソナル心理学とは


トランスパーソナル心理学は、1960年代末、アメリカ西海岸に生まれた、心理学の新しい潮流で、第四の勢力といわれています。第一は実験・行動主義心理学、第二はフロイド派精神分析、第三は人間性心理学ですが、第三の勢力=人間性心理学の創始者であるエイブラハム・マズロー(1908−1970)が、晩年、賛同者をつのってさらに新たに創始し、「第四の勢力」と呼んだものです。大まかな言い方をすれば、第一は観察と行動修正、第二は自己治癒、第三は自己実現、第四は自己超越のレベルに焦点を当てています。トランスパーソナルの人間は(自己超越)という段階まで成長しうる存在だという捉え方は、心理学と東洋宗教の出会いから生まれているといっていいと思います。』


欲求の階層論


@「生理的欲求」があるといいます。
食物や水や空気などが必要、フロイドのいうような性的な欲求もある。

A「安定・安全への欲求」
人から、特に親に愛されること、家族に属していて、自分の居場所があることへの欲求が出てくる。「愛と所属の欲求」といいます。

B「承認欲求」が出てきます。親や家族から愛され、家庭に所属していても、その上に自分に自信を持ちたい、人からも認められたいという欲求です。

C「自己実現欲求」
自分で自分を認められるようになった、人からもそこそこ認められた。人間はここまで来れば満足なのかというと、やはりどうもそうではないらしい。なお満たされれないものを何かと探究していって、マズローは、「詩人は詩を作らなければならないし、音楽家は音楽を奏でなければならない」といっていますが、他の人間と取り替えのきかない自分独自の可能性を精一杯伸ばしていくことを人間は求めるものだと、

D「自己超越欲求」
マズローはいったんここまでの理論を作って、さらに<自己実現>していると思われる、非常に優れたパーソナリティを調査していきました。基本的な欲求がすべて満たされていて、安定した、バランスのとれた人格ができていて、なおかつその人固有の生き方をしているように見える人を調べていって、さらに人間はそれでも満足できないところがあると考えるに至った。そこまで到達してもさらに、有限の自己を超えて、永遠なものに向かいたいという「自己超越欲求」が出てくるのだと捉えました。つまり、人間の欲求は、ある種の階層構造をなしていて、特定の欲求には限度があって、それを適度に満たしていくと、より高次の欲求が出てくる。最終的には自己超越欲求まで出てくる、というのです。』




基本的欲求と神経症的欲求の区別

ところが、低次のレベルで、特に幼児期に欲求が満たされないと、そこに神経症的に固着するということが起こってくる。要するに、そういうノイローゼ的な固着が、人生での大きな問題を起こします。必要なときに愛されたり、自分の居場所があったり、自分に自信を持てたり、人からも認められたりという体験を持たないと、やたらいつまでもそれにこだわるようになるのです。いつまでも幼児的に、自分が愛することは棚上げにして、愛されることにこだわるとか、人に認められることにこだわるとか、そういうふうなこだわり方をする。

マズローは、そのあたりに神経症とか人間の文化・文明自体の問題の根っこを見ていったわけです。

ですから、マズロー理論でいえば、人間にはそういう<基本的欲求>はあっていいのです。むしろ、成長の過程、特に幼児期に満たされないと、それぞれのレベルへの固着を起こしがちである。そういう固着し歪んでしまった欲求を、彼は、<神経症的欲求>と呼んでいます。つまり、<基本的欲求>と<神経症的欲求>をきちんと区別して、<神経症的欲求>が問題だと見ているわけです。

そして基本的欲求は、満たすことによって、人間成長を促すことができる。神経症的欲求に囚われた問題のあるパーソナリティは、基本的欲求を満たし直すことによって、治癒できる、と考えています。こうした欲求の階層理論は、トランスパーソナルの流れの中でもほぼ大まかに合意されていて、心理療法=セラピーの基本原理にもなっています。』
「トランスパーソナリチィー心理学資料より」


ブログ

1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

カテゴリー

無料・カウンター
Today:

Yesterday:


デリヘル出会い系出会い系結婚情報相互リンク
QRコード
携帯用QRコード

繧「繧ッ繧サ繧ケ隗」譫