地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

ヒーリング科学的根拠と実験データ

波動とDNAに関する研究によりヒーリング効果が実証されています。

人はほとんどが水のため「元気な人の波動は元

気なDNAも作るようです。」エネルギー自体が波動であるために元

気が転写されてもおかしくは無いです、霊的な波動も然りです。


ニュースの元になっているらしいPDFに実験手順が記されてい
ました。著者は、HIVウイルスを発見したモンタニエ博士です

http://arxiv.org/PS_cache/arxiv/pdf/1012/1012.5166v1.pdf


ざっと眺めた感じでは、DNAそのものがテレポーテーションす
るのではなく、DNAの情報が水に転写されて、しばらく保持さ
れる、さらに7Hz低周波磁場環境では、その情報だけが他の水
に伝搬される、という話のようです。


実験は、DNAサンプルの入った試験管と、純水の入った試験管と
を隣接して設置し、7Hzの低周波磁場環境にさらします。次に
PCRの標準手続きを「純水」サンプルに適用すると、隣接して
いたDNAサンプルの塩基配列が高確率で再現されるというもの
です。

DNAとの相互作用で生じたナノスケールの水の構造の情報が、
7Hz低周波磁場を介して、隣にあった純水にも転写されると解
釈しているようです




『私たちのDNAから放出する光』

1905年「すべての物体から光量子が放出している」という光量子理論を世に初めて出したのがアインシュタインです。
1923年にはロシアの生物学者アレキサンダー・グルビッチは、装置を使い人体から放出される電磁波(光量子)を世界で最初に発見し、光量子とは言わず「生体光子(バイオフォトン)」と名付けました。
後に触れますが、英語ではカンタムエネルギーと言います。
1974年にはフリッツ・アルバート・ポップにより、DNAにおけるバイオフォトンの存在が立証されました。光子放出の頻度は、表面積1平方センチメートルあたり毎秒100単位だという。
人間は体内から「光」を放している存在だというのである。そして最近では写真撮影も可能な「オーラ」として見ることもできるのだ。

人体から放出する生体光子を、我々は一般的に「気」と言う場合が多いのですが、例えばこの「気」が病むことを「病気」と言っています。
光量子そのものは極めて微弱な振動エネルギーのため、高性能な装置以外で測定することは難しいのですが、我々の身体から放出する生体光子は、必ずしも一定ではなく、その人の持つ「心(意識)のあり方」によって変化することは間違いないでしょう。

DNA活性化という観点から見れば、最も良い方法は「光」を充電することである。
瞑想やヨーガを通して、脳の中心部で目の真裏にある「松果体」を活性化するということも、一つの方法である。
もう一つの方法は、私も愛用している人体用「カンタムエネルギー発生装置」を用い、「松果体」を活性化するという方法。

「松果体」は我々の意識に深く関係するセロトニンというホルモンを分泌しているが、「第三の目」とも呼ばれている。
なぜなら「光」は受容体である目と連動しながら、松果体を通して入るからである。
松果体はいわば光のコントロールセンターといえよう。
そして受け取った光は脳下垂体を通して下方に送り出され、身体の中の水分を通じて全ての細胞へ伝えられていく。
このようにしてDNAに「光」が充電されることによって、「意識」も覚醒されられるというわけです。

「バイオフォトン資料より」





ブログ

1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

カテゴリー

無料・カウンター
Today:

Yesterday:


デリヘル出会い系出会い系結婚情報相互リンク
QRコード
携帯用QRコード

繧「繧ッ繧サ繧ケ隗」譫