地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

2009年06月 のアーカイブ

2009年6月26日 0時56分30秒 (Fri)

久々の料理ブログ

…というほどの物でもないんだけど、久し振りに家で料理をしたんで載せておこうかな…と思いまして…。

いや、ここ一ヵ月ぐらい、ちょっと体調を崩したり、博多に行ってたり…で、自宅で台所にほとんど立ってなかったのでね。

まぁそんなワケで、なるべく野菜中心の食事を摂らなければならないんですが…。とはいえすべてを野菜ってわけにもいかず、しかも野菜の中でもいい物よくない物とあるらしく…。ま、基本的には「あまり気にしない」体でいようと思っています。要は“肉類を多量に摂取しなければよい”という事で…。

さて、そんな中で“野菜中心の食事”を考えてみたのですが、どうしても肉は入ってしまうのでなるべく脂分を抑えた食事にしてみました。

「豚の生姜焼き」
なるべく脂身のない部位を選んで、キャベツの千切りを大量に下に敷き詰め、豚肉よりキャベツ中心に食べました。
「煮物」
これ、“何煮”って云ったらいいんだろう…。よくわからないけど、適当に材料入れて煮ました。僕がよくやる料理です。鶏肉(ムネ)、じゃがいも、人参、生椎茸、筍、こんにゃく…あと、絹さやかな、入れた食材は。
「冷しトマト」
たくさんの玉葱スライスの上に切ったトマトを乗せ、みじん切りにした玉葱とオリーブオイルに塩胡椒などで作ったソースを掛け、バジルを振りかけました。
それと「めかぶ」、あと写真には写ってないけど「わかめと油揚げの味噌汁」に「白飯」でした。

豚肉は使ったものの、自分的には結構ヘルシー路線な気がするんですが…どうでしょう?

そして、いままで結構な早食いだったのですが、ゆっくり食べる事を心掛けると、そんなに食べなくても意外とお腹がいっぱいになるもんですな。思ったより少ない量でお腹がいっぱいになりました。

久々に台所に立ったけど、食後の洗い物も含めて、台所仕事は楽しいですね〜。やっぱり僕は好きですね。
また何か作ったら載せますね。

2009年6月23日 15時29分48秒 (Tue)

銀座で食事

昨日は銀座で母と妹と、そして歌舞伎役者の坂東秀調さんご夫妻と食事をしました。

亡くなった父が大好きだった事もあり、秀調さんとは僕たち兄妹が子供の頃からのお付き合いです。
僕は奥様とは初めてお目にかかったのですが、母や妹はずいぶん親しくお付き合いをさせてもらっているらしく、本当に“家族ぐるみのお付き合い”ってやつの様です。

色々なお話をさせていただきました。
歌舞伎・歌舞伎座のいま、そしてこれからの事…。
同じ舞台に出ていても、演奏側と役者さんでは、感じる事や見ている事…同じ事もあればまったく違う事もある。
「なるほど…そう感じながら舞台を務めているのかぁ」
とか
「あ、やっぱりそこはそう思うんだ!!」
など…
実際に話してみて初めて知る事もたくさんあって楽しかったです。

それにしても、我々兄妹は酒が人より強い事はわかっていますが、秀調さんもなかなかお強い!
実際計算はしていないけど、五人で結構な量の日本酒を飲みました。

そしてこの日の二日前、初孫が生まれた秀調さんご夫妻。
今月は新橋演舞場に出演されていて20日21日は昼夜公演だったため、お孫さんのお顔を見に行く事が出来なかった秀調さん。昨日は昼の部のみだったので初めてお孫さんのお顔を見に行けたそうです。とても嬉しそうでした。
改めて、おめでとうございます!

2009年6月21日 21時08分52秒 (Sun)

研修みそみ会

今日は国立小劇場で「研修みそみ会」の本番でした。
今週の月曜日に下浚いをした会です。

若手の舞踊家さん達の研修の会という事で、我々演奏側も普段ではなかなか出来ない勉強をさせていただきました。

下浚いの時のブログにも書きましたが、三味線三人がそれぞれ交替でタテを弾かせていただきました。

本来なら名札順で「タテ」「ワキ」「上調子」とパートを担当するものなんですが、せっかくの勉強のチャンスという事で、四番あったうちの一番を美三郎くん、一番を僕、そして残りの二番を志寿造さんに分けさせてもらい、僕と美三郎くんはワキと上調子も交替でやらせていただきました。
…つまり…僕と美三郎くんは「タテ」「ワキ」「上調子」の各パートを全部交替でやらせてもらった事になります。

同じ曲を弾くんでも、座る位置によってそれぞれやるべき仕事が違うし、本当勉強になりました。
上調子には上調子の…ワキにはワキの…そしてもちろんタテにはタテの難しさがあります。
どれが一番難しい…とかってないですよね。やってみるとやってみたでそれぞれに難しさがあります。
いや、いままでもそれぞれのパートを受け持った事はもちろんあるんですが、同じ日に曲ごとに交代して…というのはあまりない事だし、先輩にワキについてもらう事もなかなかないので、それはまた勉強になりました。

今日、各パートで計四番弾かせてもらってわかった事。
「稽古不足は覿面に表れますね」
「自分はまだまだ勉強が足りませんね」
「経験も足りないし、なかなか思ったようには弾けないもんだ」




三味線を弾くって、難しいですね。…今更ながら…。


さて、楽屋での一枚。

珍しく仕事場で顔を合わせた「美三郎くん」と、今月の仕事場で100%の確率で会っていた「清美太夫くん」です。
清美太夫くん、なんだか眠そうな顔で写っちゃいましたね(^^;

2009年6月17日 18時28分07秒 (Wed)

『薔薇に降る雨』/『Amour それは・・・』

久し振りに宝塚を観に行きました。
宝塚歌劇自体は去年の10月に仕事で宝塚大劇場に行った時以来、東京宝塚で云えば約一年振りの観劇です。

今回の宙組公演は、宙組トップの「大和悠河さん」と娘役トップの「陽月華さん」の卒業公演となります。

お二人とは二年前、宝塚でお会いしました。…と云っても、当然向こうは覚えていないでしょうけどね…。
ここのところ毎年行かせていただいている「宝塚舞踊公演」に出演していて、打ち上げでお会いしました。特に陽月華さんの方はその時、他の娘役トップの方たちと、清元の「四季三葉草」を踊られたので稽古や下浚いでもお会いしました。
その時の陽月華さんの印象は、他の娘役の方たちとはまた違った空気を醸し出していて「可愛らしい」というより「落ち着いていてきれい」という印象でした。

実はその時の印象が忘れられず、それ以降すっかりファンになってしまったのですが…(^^;

その時にお会いした「大和悠河さん」ももちろんそうですが、今までに何人かのタカラジェンヌの方々とお会いさせてもらって思う事は、やはりトップの方ってすごいオーラがあるなぁ…って事。
もちろんまだ役の付かない新人の方たちもオーラのある人もいるだろうし、これから輝いてくる人もいるんだろうけど、トップって凄いんですよ。なんだかわからないけど輝いてるの。あれがオーラってやつなんだろうなぁ…って思いますね。

でも“オーラうんぬん”って話じゃなくても、あの歌劇団の中の人達のパワーというか情熱というか…それはみなさん、トップさんも役付きの方々も新人さんも、とにかくみんな、舞台に懸ける情熱は凄いです。舞台を観ていても稽古を見ていても、それはすごく伝わってきます。

博多から帰ってきて、若干だらけ気味になっていた僕の気持ちを、ちょっと引き締めてくれました。

久し振りの宝塚歌劇、楽しかったです。

2009年6月15日 16時53分59秒 (Mon)

研修みそみ会下浚い

国立劇場の稽古場へ行ってきました。
 
今日下浚いをやった会はここ数年、毎年お世話になっている、若手舞踊家の研修発表会「みそみ会」といいます。
 
様々な流派の若手の舞踊家さん達が出演し、審査員の先生方が賞を決め授与します。我々はそのお手伝いがてら、こちらも勉強させてもらっています。
 
 
我々清元の並び順は基本的に「名札順」にタテ、ワキ…と並ぶのですが、こちらも勉強という事でいつも交代制でタテをやらせていただいてます。今回も4曲あるうち、2曲が先輩である志寿造さんが、残りの2曲を僕と後輩の美三郎くんで手分けさせていただきます。こういう時の並び順は先輩後輩関係なく、僕や美三郎くんのワキに先輩が載ってくれます。先輩がワキについてくれる事で、普段は気付かない事も勉強させてもらったり、自分がどう弾いているかを指摘してもらったりもします。
 
まだまだ思うようには弾けないけど、こういう勉強の場を与えてもらう事はありがたい事だと思います。


プロフィール

プロフィール画像
名前
清元雄二朗
生年月日
1968年(昭和43年)12月27日
血液型
O型
出身地
東京
趣味
スポーツ観戦(主に野球・相撲)、料理
親族
母…杵屋勝美香(長唄三味線) 
妹…田村友里(女優) 
義弟…吉田啓一郎(ドラマ監督)

旧ブログ(2009/01/29〜2011/02/23)

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930
QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数