地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

2009年11月 のアーカイブ

2009年11月28日 18時36分18秒 (Sat)

清元志寿太夫師

今週のNHK教育「芸能花舞台」は『伝説の至芸・清元志寿太夫』と銘打ち、志寿太夫師匠の特集を放送した。

清元志寿太夫師。

清元…だけではなく、歌舞伎、舞踊、邦楽を知っている人なら誰でも知っているであろう、名人中の名人。僕にとっては師匠の父親…大師匠にあたる人物。

とにかく長生きで、最期の最期まで現役であり続けた。享年満100歳。
明治31年生まれのお師匠さんは、僕が生まれた時には既に70歳。そんな方と同じ舞台に載る事が出来たのは本当に幸せだったと思う。

お師匠さんの息子の弟子だったという事で、お師匠さんが出演する歌舞伎の公演には出させてもらえていたし、それよりなにより、歌舞伎座へ行く前の、自宅でのお声出しの三味線を弾かせてもらえていたのはなによりありがたい事だった。
一門の三味線弾き、志寿造さん、栄吉さん、そして僕の三人で分担してお師匠さんの出発前にお師匠さんの自宅へ行き、お声出しをやってから、一緒に車で歌舞伎座なり明治座なり仕事場へ向かう。これが公演中の日課。楽しかったなぁ。お師匠さんの身近にいさせてもらえるだけで嬉しかったし楽しかった。

僕が初めて行った京都南座。あの時は他の社中さん達は他の場所でも舞台があって、毎日忙しく飛び回っていた。おかげで朝一の舞台が終わって、劇場から宿(当時お師匠さんは旅館泊まりだった)まで、寄り道しながらのんびりと二人で帰る毎日。これも楽しかった。

今回、NHKでお師匠さんの特集をやる…という話を聞いて、久し振りに懐かしいビデオを観たくなった。
かつてTBSで放送していた「今宵はKANKURO」という、今の中村勘三郎さん…当時の中村勘九郎さんがMCを務める番組にお師匠さんがゲストで出演した時のビデオを観た。
舞台で語るお師匠さんの姿はたまにテレビでも観たりするけど、普段の元気なお師匠さんの姿を久し振りに見たら懐かしくて涙がでてきた。

僕はそれこそ本当に晩年しかご一緒出来る事がなかったけど、それでもそばにいさせてもらえたり、一緒にお話させてもらえたり、舞台に載せてもらえたり…。本当にかけがえのない経験をさせてもらえた…と思っています。

もしお師匠さんの唄、声を知らない方や知ってるけど見逃した方、明日(日曜日)の午後11時30分からNHK教育で再放送があるので、是非ご覧下さい。

2009年11月26日 20時11分19秒 (Thu)

自炊日記

ここのところ、あまりちゃんと料理してなかったですね。お米を炊いたりはしてるんだけど、夜ご飯は手を抜いて買ってきちゃったり食べに行ったり…。

そんな大袈裟な事をしたわけじゃないけど、昨日久し振りに料理をしてみました。

数日前にテレビで見て食べたくなった「ロールキャベツ」と、“野菜中心”を心掛けた「きのこ炒め」。

…ね、大したことはしてないでしょ。けど、結構美味かったんですよ。

まず「ロールキャベツ」。

具には合挽肉と細かく切ったベーコン、玉葱。これに塩胡椒などで味付けしてパン粉を混ぜて、茹でたキャベツの葉で巻きます。
スープはブイヨンと醤油…実に適当です。いつもの事ながら、味は適当に調えてます。

「きのこ炒め」は…

ぶなしめじとえのき、椎茸を切ってバターで炒めただけ。塩胡椒と醤油で味付け、出来上がりにレモン汁をかけて出来上がり。


これからしばらくは自宅にいる事が多いし、もっと自炊をする機会も増えると思うんで、また何か作ったら載せますね〜。

2009年11月25日 20時46分28秒 (Wed)

日本工業倶楽部

今日は「日本工業倶楽部」というところで「會員共楽會」という会に出させていただきました。
この会は「工業倶楽部」という会に所属している方々(…企業の社長さんや元社長さんなど、お偉いさんばかり…)がご趣味でなさっている邦楽や、陶芸、写真などを発表する会のようです。

亡くなった榮三郎師匠のお客様で、今は師匠の息子さんの志寿子太夫さんに習っている方がこの会に出演なさる関係で、ここ数年毎年出させていただいてます。
みなさん地位のある方々なので、お仕事も大変なのでしょうけど、この会で発表するご趣味の世界をなさっている時だけは、その大変なお仕事も忘れて楽しんでいらっしゃるのでしょう。とても楽しそうに唄ったり語ったり…。
そんなお楽しみのお手伝いをさせていただける事は、この仕事をしている者にとっては仕事冥利に尽きる事で、こちらも本当に楽しく演奏をさせていただきました。

この「工業倶楽部」という所。東京駅の駅前にあるんだけど、普段の生活ではほとんど縁のない場所で、こんな事がない限り、おそらく訪れる事もないでしょう。
普段は会議室として使われている部屋を楽屋として使わせていただきました。
せっかくなので写真を一枚。

部屋の風景が風景だし、舞台前で紋付姿だったので、ちょっと“新郎”っぽく写ってみました。
いかがでしょ。


そして、今日はその舞台が終わった後、楽器や着物を置きに一度帰宅してから、演舞場の夜の部に千秋楽のご挨拶に行ってきました。

2009年11月24日 18時10分19秒 (Tue)

三越名人会

今日は三越劇場で「三越名人会」の舞台でした。

まずは朝の11時から三越劇場で舞台稽古、それが終わると今度は上野の芸大へ行き、来月一日にある「芸大定期演奏会」の下浚いがありました。
下浚いが済んだら、また三越劇場に戻り、今度は本番の舞台。
今日はほとんど休みなく、ちょっと忙しく動き回っていました。

…と、こんな風に忙しく動き回る日だったので、今日は家から仕事用の黒紋付を着て出掛けました。
本来、芸大での下浚いは、舞台じゃなくレッスン室で行われるので稽古着で出るものなんですが、たとえば洋服で出掛けて舞台用の黒紋付と稽古着を持って楽器も持って…となると、大変な荷物になってしまうし、万が一稽古や舞台の時間がずれてギリギリになってしまった場合、着替えている時間がなくなったら危険なので、ハナっから紋付で行動してしまいました。

普段着物を着慣れているからか、意外と着物での行動は楽なんですよね。たまに着物で出掛けるのもいいもんです。


今年、こんな風に忙しく動くのは今日で最後。あとはそんなに厳しいスケジュールはありません…というか、もうほとんど仕事もないんですがね…。

ま、たまにはこんな風に忙しく動く日があってもいいでしょう。
お疲れ様でした。
ありがとうございました。

2009年11月23日 14時04分34秒 (Mon)

昨日は国立劇場でした

昨日は国立小劇場で舞踊会の仕事でした。

昨日の本番に至る前に、今月初旬にツボ合わせ、中旬に下浚いがあったんですが、日にちと時間がちょうど歌舞伎の出演日と重なってしまい、昨日はぶっつけ本番となってしまいました。

わかっている曲とはいえ、どんな方が踊られるのか、どんな振りで踊られるのか…いろんな事がわかっていない舞台はやはり恐いものです。
全体的には事なきを得ましたが、やはりリハーサルは大切ですよね。
師匠からリハーサルの日程を聞く前に、自分からチェックしておかなければ…。反省です…。

舞台の方は幕開きの演目から、最後の曲まで…いわゆる“ピンキリ”で出番があり、結局一日中国立劇場の中にいました。途中、空いた時間に外出する選択肢もあったんですが、一度着物を着ちゃうと、着替えるのが面倒でね…つい紋付を着たまま楽屋でのんびりしてました。

今後のスゲジュールを見ると、どうやら昨日が今年国立劇場に行く最後の日だったようです。今年はあまり行く事なかったなぁ…。あまり行く機会がなかった…という事は、それだけ仕事の量が少なかったという事。来年はもっと国立劇場に足を運べるようになるといいけど…。

おっと、ちょっと切ない話になってしまいました…。
と…とりあえず、それは置いといて…昨日はありがとうございました。お疲れ様でした(汗


プロフィール

プロフィール画像
名前
清元雄二朗
生年月日
1968年(昭和43年)12月27日
血液型
O型
出身地
東京
趣味
スポーツ観戦(主に野球・相撲)、料理
親族
母…杵屋勝美香(長唄三味線) 
妹…田村友里(女優) 
義弟…吉田啓一郎(ドラマ監督)

旧ブログ(2009/01/29〜2011/02/23)

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数